ダイエット中でも肉食いて~!リバウンド知らずの肉食ポイントとは?

肉を食べる女性皆さんダイエットしてますか?!

自分に課した食事制限、運動ノルマ等々、場合によっては過酷なものとなってきますが、最初のほうはよくてもしばらく経つと訪れるのが「肉の誘惑」ではないでしょうか?

ええ、わたくしの場合、もう最初のほうから焼肉屋の前を通るたびに生唾が溢れんばかりの量を分泌してる感じになってますが、実はダイエット中は決して肉を食べてはイケナイ!ということはないんですよね。

まぁ、ガッツリ焼き肉は論外として、食べる部位、調理方法、調味料などをある程度制限さえすれば、お肉を使ったダイエットレシピが爆誕するってー話なんです。

ここでは肉食系ダイエッターのために、ダイエット中でも我慢せずお肉を食べるためのポイントをまとめていきたいと思いますので、一緒に見ていきましょう!

低カロリーな肉の種類・部位を知る

まず素材選びからとなりますが、牛、豚、鶏のいずれも高カロリーな部位、ローカロリーな部位が存在します。

種類 高カロリー 低カロリー
バラ肉
サーロイン
肩ロース肉
もも肉
ヒレ肉
ベーコン
バラ肉
ロース肉
もも肉
ヒレ肉

手羽先
むね肉
ささみ

この中でも鶏系は皮、手羽先以外であれば、比較的低カロリーな部位となりますのでおすすめです。
※ささみなんかはダイエットレシピでよく登場する部位だと思います。

なお、牛、豚に関しても赤身を選ぶようにすれば、基本的にはカロリーが低めなので、そういった部位を選ぶようにしましょう。

カロリーを抑える調理方法

調理方法によってもカロリーが変化してきますが、特に「揚げる」「炒める」は油によってカロリーが上がってしまいますので、タブーと言えるでしょう。

おすすめなのは、「茹でる」「蒸す」「煮る」あたりの調理方法であれば、調理によるカロリー上昇を抑えることが出来ます。

調味料で低カロリー料理を台無しにしない

気分的にはソースをぶっかけて食したいところだと思いますが、それをやっちゃうと今までの努力が無に帰すので、最後の調味料選びもきっちりと抑えにかかりましょう。

調味料としては「さしすせそ」である砂糖、塩、酢、醤油、味噌があると思いますが、入れすぎないようにさえすれば、いずれも使う分には構いません。

まぁ、あんまり味の薄いものを食べても少し虚しくなる部分もありますので、目安的には「大さじ一杯まで」を守りつつ入れるのがよいでしょう。

あと、甘みを出したい場合であれば、カロリーゼロの甘味料などもありますので、そういったものをうまく使うことで、予想以上の味を引き出すことも可能となります。

まとめ

なかなか「ガッツリ肉!」とまではいきませんが、ダイエット中でも工夫をすれば低カロリーな肉料理を食べることが可能となりますので、ここでご紹介したポイントを参考にぜひ肉レシピにトライしてみてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*